TOP > 会社行事 > 2013年前期

 

会社行事

6月25日 第430回 経営計画書勉強会の模様

<6月25日(火)>

本社にて行われました経営計画書勉強会の模様です。

今回は、内定者の学生5名も参加してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【責任者】
河村さん
自主チェックの所で甘いところがあるので、数字の要求だけではなくて
しっかりとチェックしてまとめられるようにして参ります。

 

野村さん
「出来た」・「出来ない」でアセスメントを短く終わらせているので、原因をプラスして考えていきます。

 

【整頓】
神嵜さん
担当が明確になっていないところを改善してすぐに使えるようにします。

 

牧野さん
書棚の整理をする際、管理責任者が明記されていないので、明記していきます。

 

【先生】
亀倉さん
指導、研修を繰り返しやる中で、気持ちの中でも勉強できていると思うので、
その自分の気持も伝えていきます。

 

田口さん
専門的な知識が要求されるもので、自分自身でわかっていても、専門用語で話してはお客様にはわからないので、
自分自身でわかりやすいものに噛み砕いて理解して、お客様に伝えられるようにしていきます。

 

横尾さん
新人のキャストが増えて教えることが多くなってきたので、まずはメモを取らせて
良い生徒になってもらって、後々の良い先生になってもらいます。

 

内定者Wさん
仕事に慣れてしまうと、抽象的な扱いで生徒に混乱を招いたりしてしまうので、自分が生徒の時にどうしたら
わかりやすかったのかをメモをとって復習して、自分がどうしたら力をつけることが出来たのかをわかるように
勉強することを心がけていきます。

 

【新事業】
山縣さん
原点に戻り、お客様に喜んでもらえるような仕事をやっていきます。

 

雅英さん
新事業に向けてコツコツと対策をとっていますが、
時代の変化によって新しいものを見出していくのは非常に大切なので、
今後も継続して素晴らしい事業にするように取り組んでいきます。

 

【すぐやる】
浜村さん
後回しにしたり、やらなかったことがあったので、言われたことはすぐやるようにしていきます。

 

品田さん
時間を決めて並行してすぐに取り組んでいきます。

 

坂詰さん
とりあえずなんでもすぐやってみることで修正点が出てくるので、
すぐやって手直しして、完璧なものにしていきます。

 

溝内さん
わからなくても何かしら手をつけはじめ、誰かに聞いて、数字を入れて具体的にし、
そこから成功イメージを持って、形にしていきます。

 

内定者Kさん
やるべきことがあるときに、一旦始めてみること、並行してやることを数字で表すことが大事だと思いました。
残りの学生生活に活かしたいと思います。

 

【水準】
伊藤さん
自分自身の成長のためにも、高いレベルの方に水準を合わせて自分自身のスキルアップを行なっていきます。

 

水柿さん
自分の周りには仕事でもゴルフでも高いレベルの方がいるので、その人達にあわせて、

自分のレベルもあげられるように行動していきます。

 

加藤さん
レベルの高い人達に合わせてどんどん自分のレベルも上げていきます。

 

内定者Iさん
アルバイトでレベルの高い人に合わせて自分を成長させていきます。

 

内定者Aさん
常に周りを見て、高いものを探して、それを目指して常に勉強しているような姿勢でこれからも取り組んでいきます。

 

【隊長】
内定者Nさん
ゼミやアルバイトでリーダー的な役割をやっていますが、

一つひとつの言葉が抽象的で周りに不安を与えていたようなイメージがあります。
自分の明確なビジョンを持って、周りをもっと引っ張っていけるような人間になっていきます。

 

 

 

>>一覧に戻る