TOP > 会社行事 > 2013年前期

 

会社行事

6月4日-6日 東日本大震災 被災地復興支援ボランティア活動の模様

<6月4日(火)~6日(木)>

日本遊技産業経営者同友会を通じてボランティア活動に参加しました。


 

 

 

 

 

 

今回の活動場所は、宮城県南三陸町

第1次ボランティア活動 参加者は43名、ヴァリアントからは3名が参加しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【1日目】
JR仙台駅に集合した参加者一行は、震災から2年以上が経った今も、被災の惨状を色濃く残す形のない「街並み」をバスの車窓越しに見ながら、宿泊先である南三陸町「平成の森」に到着。明日からの2日間のボランティア活動に備える。

【2日目】
午前8時半。南三陸町のボランティアセンターに到着。現地のボランティアリーダー説明を聞き、作業を行う場所へ移動。終日、志津川田尻畑の畑での作業。内容は畑を掘り起こしながらの石拾い。地味な活動ではあるが、すべての活動が地元の人たちの助けとなり、被災地の復興へと繋がるという想いを強く持ち作業。
作業中、トイレを貸してくださった大雄寺のご住職の奥様から手作り団子の差し入れを頂き、皆で美味しく頂く。作業終了後は宿舎でシャワーを浴び、地元の商店街である「南三陸さんさん商店街」で夕食。ちょうどウニの水揚げ漁が解禁となった日でもあり、地元の名産である「キラキラうに丼」に一同は舌鼓。

【3日目】
昨日同様、午前8時半、ボランティアセンター到着。昨日と同じく、志津川田尻畑での活動。途中、通りがかりの地元の漁師さんから、栄養ドリンク50本の差し入れを頂く。4月のワカメ加工の際に、ボランティアの方々に手伝って頂いたお礼とのこと。同友会の仲間ではないボランティアの方々の善行のお礼を恐縮ながらに頂きながら、より一層活動に励む。
午後3時、作業終了。宿舎で汗を流し、一行は帰路へ。

 

ヴァリアントからは、引続きボランティア隊を派遣する方針です。

 

 

 

>>一覧に戻る