TOP > 会社行事 > 2013年前期

 

会社行事

3月28日 鹿児島知覧研修の模様

<3月28日(木)-29日(金)>

 

 

 

 

 

 

入社前研修の一貫として

和田さん(社長)新入社員5名、採用・溝内で

鹿児島 知覧に行ってきました。

 

 

 

 

 

 

桜島をバックに集合写真を撮りました。

 

 

 

 

 

 

 

実際に、特攻隊の方たちが最後に過ごした「富屋食堂」にて

歴史勉強会を行いました。

 

 

 

 

 

 

ヴァリアントを代表して菅さんが

1日目の感想を発表してくれました。

 

 

 

 

 

 

「おはようございます!」

富屋旅館・三代目女将 鳥濵初代さんのお話を聞きながら

戦争遺跡めぐり(実際の現場、映画のロケ地)を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お昼は、名物トメさん弁当を皆で頂きました。

とても美味しかったです。

 

 

 

 

 

 

1泊2日をご一緒させて頂いた、他企業参加の皆様と集合写真を撮りました。

本当にありがとうがとうございました。

 

今回の研修では、
「右・左」というイデオロギー(主義)を超えた、「現地体感型」研修に参加しました。
「知覧」(特攻隊出撃基地)という、ひとつの歴史の舞台から、
生きることの大切さ、感謝と気付きを学び、「感性」を磨き「生きること」の意味を考える、仕事への「志」を考えました。
新入社員と同年代の方たちが「誰かの為に」飛んで往く姿に感じることも多かったようです。

 

【感想】
菅さん
明日命を散らす人がこんなに素晴らしい笑顔をしている、このことを心に刻み、これからあるであろう逆境や苦難の時に、

自分も笑顔でいようと決意しました。
そして疎かにしていた歴史をしっかり振り返り、何か一つでも自分の生き方を修正していきます。
その第一歩として、感謝の気持ちを大切にします。
食べ物が食べられる、帰る場所がある、好きなことができる、そんな当たり前のことができなかった世の中が

数十年前にあったんだということを忘れずに、当たり前のことにも感謝の気持ちを、

些細なことにもありがとうという言葉を贈るようにしていきます。
今回が9期生全員での初めての研修でした。
みんなで一つのことをやることで、お互いの距離がぐっと近づいたと思います。
コミュニケーションもとれて、写真も撮れて、たくさん笑って、やっぱり仲間っていいなぁと思いました。


品田さん
出発前は、研修の一環であるとしか思っていませんでしたが、

この研修ツアーの企画、運営をされたザメディアジョン様の担当の方から

「あなた方内定者に会社の先輩たちが一生懸命働いて儲けた利益を、色々使い道がある中で、

どうしてわざわざ直接儲けには繋がらないこの研修に使ったのか、社長がどういう思いで参加を決めたのか、

考えてみてください。」と言う内容を聞いた時、ハッとしました。

この研修に参加させて頂く意味を深く掘り下げて考えなかった自分の浅さと、

皆様への感謝の気持ちが欠けていたことを恥ずかしく思うと共に、大変反省致しました。
この2日間は体全体で様々な体験をすることで、この他にも本当に沢山の事を学びました。

すぐに生かせることもあれば、時間をかけて少しずつ生かして行くこともありますが、

社会人になるにあたって、この2日間を原点にし、今後もこの研修が大変役にたったと何度も思えるように

自己成長に繋げて参ります。


井料さん
今回この研修を通して私が感じたことは、今周りに居る人や環境に感謝の気持ちを持ち、日々を大切にしていくことが
大切だとと 思いました。
また、「無理!出来ない」と言う言葉を使うのではなく、「私に出来ることはなんだろう。」と考えるようにします。
考えた結果 長生きすることが今の目標です!
私は元々100歳まで生きる目標があるのですが 長く長く、生きれるところまで生きます。
今回この二日間で本当に多くの事を学び、色々なことに築きとてもいい勉強 になりました。
そして、行く前の私と帰ってきた私。成長したなと思いました。
これから学んだ事を生かし、もっともっと成長し恥ない人生にして 行こうと思っています!
本当にありがとうございました。

 

小野さん
知覧研修を通して沢山のことを学ぶことができました。
私と同じくらいの若い少年達が自ら特攻隊になることを志願し特攻隊のみなさんは平和のため、
愛する人のために死んで行きました。
当たり前のことを当たり前だと思わず感謝の気持ちを忘れずに 周りの人を大事にしてこれから生活していきます。
今回は貴重な体験をさせて頂きましてありがとうございました。

 

加藤さん
「特攻隊の人達が"明日出撃する"という時、どういう気持ちだったと思いますか?

愛する人を見送らなければいけない人達はどういう気持ちだったと思いますか?」
私は答えられませんでした。
今の時代は平和すぎて大切なことを見失っています。
「自分の使命とは?命をどう使ってきた?家族、友達、会社、地域、国、世界、この地球に何を差し上げてますか?」
考えてみたこともありませんでした。
平和な事や便利な事があたりまえだと感じ、親やまわりの人への感謝も忘れ、甘えていました。

今、平和なのは日本を守ってくれた人達のおかげです。私が今ここにいるのは親や、まわりの皆さんのおかげです。感謝しています。
この研修で多くのことを学び、新しいことに気付き、そして気付かされました。

それはこの研修に参加しなければ一生知ることがなかった事です。他の人にも伝えて是非知ってもらいたいと思います。
本当に参加させていただきまして、ありがとうございました。

 

 

 

>>一覧に戻る