TOP > 会社行事 > 2013年前期

 

会社行事

3月6日 第411回 経営計画書勉強会の模様

<3月6日(水)>

本社にて行われました経営計画書勉強会の模様です。

 

  

 

 

 

 

 

 

【確認】

田口さん

会員様が多くなってきたことで会員様に尽くす時間が増えてきて、

業務に費やす時間が少なくなってきた。効率よく動かすためにはチェックシートを使って確認すること、

ミスを無くすことが大事になりますので、徹底してやっていきます。

 

野村さん

仕事が慣れてくると、最初使っていたマニュアルやチェックシートを使わないでも出来るようになってくる。

そうすると使わなくなってしまう。新しい人も「使わなくていいんだ」と思ってしまう。

新しい人にも使ってもらえるように、自分で率先して使っていきます。

 

牧野さん

改善提案で作成したチェックシートを、和田さんの言うように実際に使用していなかったことに気づかされました。

私の下に新人が入ってきた時すぐに出来るように、チェックシートを使用して仕事の効率化と仕事のヌケ・モレを無くしていきます。

 

菅さん

書類の作成を上甲さんに少しずつシフトしていっています。

人の作った書類を確認することが意外と難しく、どういうプロセスなのかわからないので、

過去に自分の作ったチェックシートをひっぱり出してきて、ポイントポイントやキモを見落とさないようにやっていきます。

 

【幹部の仕事】

坂詰さん

人の管理ではなく仕事の管理。田口さんのことも水柿さんのことも人として好きです。

仕事の管理、見える化が全然出来ていなくて、おそらく田口さんだけが仕事を抱えている状態です。

それを共有することでみんなでスムーズにひとつひとつ仕事をこなしていけると思いますので、今日から実行していきます。

 

【考え方が違う】

内田さん

人の考え方がそれぞれ違うので、経理課の中で指導をしていると、

話を聞いているけど実は理解出来ていないというのが表情や言葉でわかってきます。

私の考え方と教えている相手の考え方の両方が違う部分があるというのが当然だと思って指導すると、

相手もわかってくれるかなと思うので、実践していきます。

 

【逆算】

大木さん

和田さんが武蔵野で勉強する前は、計画や試算を作る時に売上から作っていましたが、

勉強から帰ってきた時に、経常利益から作ると言われ、何だそれ?と思った。

自分が武蔵野に行ったりMGをやって、逆算という考えがいかに正しいことで大事なことであるかということに気づいた。

仕事のやり方にもデッドエンドがあって逆算出来るようになった。出来ていない人にも今後伝えていきたいと思いました。

 

【親】

横尾さん

人や部下に物を教える時に「こうした方が良いよ」と自分から言ってばっかりで、

「どうすれば良いと思う?」と聞いたことがなかったので、

今度から何かを教える時に「考える」ということを視点に入れて教えていきます。

 

【企画】

水柿さん

お客様をよく観察して、次に何が欲しいかを考えるということ。

一人一人聞いて回って、何が欲しいか聞くことも大切なことだと思います。

以前、練習後におしぼりが欲しいというお客様がいたので、そういうことを坂詰さんと田口さんに話をして、

出来ることから一つづつ見つけていこうと思います。

 

【改革】

相馬さん

私自身が色々な物に触れ、気づきのセンスを上げ、今現場がどうなっているのかということを考え、

どうしたらお店が良くなっていくのかを常に考え行動していきます。

 

【改善】

品田さん

仕事だけではなく研究にも言えること。

大学で研究をやっていましたが、成功しない時に何が問題なのか?

解決策は何があるのか?ということを調べて改善していくと思いますので、

仕事だけではなく普段の生活でも大事なことだなと思いました。

 

東本さん

人生も失敗の連続ですが、失敗した時にどれだけ悔しいと思えるか、何が原因だったのか、

その中で本当の問題点を自分で考えだして、その反対側にある解決策によって前に進む。

間違えた改善策を取ったとしても、またそれで改善に繋がる。これを読んで、

また自分の気持ちを新たに取り組んでいこうと思いました。

 

 

 

>>一覧に戻る