TOP > 会社行事 > 2013年前期

 

会社行事

2月7日 第407回 経営計画書勉強会の模様

<2月7日(木)>

本社にて行われました経営計画書勉強会の模様です。


  

 

 

 


【できる】

田口さん

できない理由は、口を動かしていない、手を動かしていない、足を動かしていないからだと思います。

まずは和田さんの言われた通り、口手足を一日の中でどうするか?を考えてやっていきます。

 

【対策】

坂詰さん

目標-実績=対策ですが、具体的に数字を入れるともっとわかりやすく対策出来ると思いますので、

対策を1つ1つ精査して、一番今何が出来るかを具体的に決めて、目標に対して愚直に物を進めていきます。

 

野村さん

毎回、目標未達成の原因追究をして終わってしまっているので、目標と実績の差を見つけていきます。

 

大木さん

MG研修の講師をやっている中で、第4期をやる時に計画を立ててもらって、

中間決算チェックをして、後半をどうするか?という話をしていますが、そういう話をしているのに、

自分の業務に置き換えた時に、目標を立ててやっていないことをこの文を読んで感じました。

まず自分の目標を立てて、どういう実績が出たかという差を見つけることから始めていきます。

 

雅英さん

差を見つけることは売上だけではなくて、たとえば売る商品、今業績が上がるものなのか上がらないものなのか、

サービスに対しても良かったのか悪かったのかということの差を見つけて、それを改善していくようにしていきます。

 

【配置換え】

牧野さん

総務に来て毎日毎日新しい仕事で苦しいですが、大変な時は大きく変わる時で、自分も成長している証拠だと思います。

私の目標は、早く総務で独り立ちすることで大木さんを楽にすることと、みんなが安心して仕事が出来る環境を作ることですので、早く独り立ち出来るように頑張っていきます。

 

山縣さん

仕事が変わったほうが早く育つとあります。

単調な仕事をやるだけでは毎日何も変わらないので、部下や自分自身にも、新しい仕事やいつもと違ったやることで

成長につながると思いますので、まず1つ下の荒尾さんに新しい仕事をやってもらって、ひとつ成長してもらえるように実行します。

 

河村さん

配置換えは、部署の変更や人事だけかと思っていましたが、

仕事の配置換えということが和田さんから言われて入ってくる言葉でした。

自分の仕事でもルーチンワークは必ずありますので、自分がいない時にそういうことが出来る組織、

強い組織にすることがダブルキャスト化にも繋がって、更に八王子店の成果が上がると思いますので、これを実行します。

 

伊藤さん

自分が持っている仕事をいかに下の部下に伝えるか、どのように職場で効率良く仕事を進めるかによって、

だいぶ環境が変わってくると思いますので、私自身が持っている仕事を早く部下におろして、

河村さんがやっている仕事に関しても私がこなしていけるように、今後仕事を行っていきます。

 

横尾さん

先月、荒尾さんから棚卸のやり方を教えて頂いて、無事に私と瀧野さんの2人で出来るようになったので、

今度は部下である瀧野さんが1人でも棚卸が出来るように育てていきます。

 

【育つ】

荒尾さん

一流の物を知らなかったりするだけで、二流三流止まりになってしまいます。

一流を知るのと知らないのとでは全く違うと思うので、まずは一流を知るところから始めていきます。

 

水柿さん

今まで自分が知らなかった世界、ここの会社とHMBの田口さん・坂詰さんがいますので、

早く色んなことを吸収して坂詰さんのレベルに到達出来るように頑張っていきます。

 

【先輩】

瀧野さん

自分が教える側になった時に、何も知らない人にときちんと教えられるように自分の経験を大切に、

その人の立場になって考えられるように努力します。

 

 

 

>>一覧に戻る